エスティマの一般車とハイブリッドカーの違い

エスティマのノーマル車とハイブリッド車の比較

1990年5月に、エスティマが「トヨタの天才タマゴ」というキャッチフレーズでトヨタから発売されました。そして、エスティマの2代目は2000年に発売されました。そして同時期にエスティマハイブリッド版も登場しました。

その頃、ミニバンのブームが日本で起きていたので、エスティマの登場は注目を浴び、人気が定着していました。エスティマ3代目は、その後2006年に誕生しました。

トヨタのエスティマは、スマートで卵型としてデザインが特徴とされています。また、走行性や安全性、居住性にスタイルが優れており、多人数者の車として幅広い年代から購入されています。また、3列目のシートは、座席として使用するほか、収納すると荷式にもなり、とても便利です。しかし、座席として使用する場合は窮屈になるという難点があります。

このように、色々な性能があるエスティマですが、これに付け加え、ハイブリッド車では低燃費を実現しました。リッター20キロを実現したので、発売当初から自動車業界の注目を集めていました。

エスティマ・ハイブリッドとノーマル車を比較すると、デザインや内装では全体には大きな違いがありませんです。

エスティマ・ハイブリッドは、購入時の際の値引きはあまり期待することができません。そして、ノーマル車と同じグレードの車での価格はハイブリッド車のほうが50万円以上高額になっています。しかし、ハイブリッド車の場合は、取得税や自動車税が大きく減額されています。

また、ノーマル車はリッター11キロに比べて、エスティマ・ハイブリッドはリッター20キロと低燃費です。