アシスト方式とTHA方式の違い

アシスト方式とTHA方式の比較

ハイブリッド車は、幾つかの動力を作動させることにより走行する車のことをいいます。現在では、エンジン動力とモーター動力を組み合わせて走るハイブリッドが普及してきています。

ハイブリッド車はシリーズ方式とパラレル方式とに大別することができます。それらはエンジンとモーターの組み合わせ方がことなります。

シリーズ方式は、発電はエンジンの出力によって行い、その電力からモーターを作動させるというシステムです。そして、パラレル方式はモーターとエンジンの両方の電力により駆動するシステムです。

パラレル方式大きく2つに分けることができます。1つは、エンジンの駆動力をモーターがアシストする方法です。もう1つは、エンジンとモーターの両方が動力源になる方法です。

モーターがエンジンの駆動力をアシストする方法は、本田のハイブリッド車に採用されています。これはアシスト方式と呼ばれています。

エンジンとモーターの両方が動力源になる方法は、トヨタのプリウスに採用されています。これはTHS方式と呼ばれています。

アシスト方式は、エンジンが主体です。それは本田が自社の優れたエンジンを生かして開発されたハイブリッドシステムだからです。アシスト方式ではハイブリッドシステム自体を小型化することが可能であり、重量を小さくすることができます。

THS方式では、燃費のよい範囲内でエンジンを稼動させます。そして不足する力とモーターで補います。第一に燃費をよくすることを考え、次に走行性能を考えています。トヨタの4WDではよりハイパワーであるHSUが採用されています。

アシスト方式とTHS方式を比較するとTHS方式の方が低燃費です。そしてTHS方式のほうがハイブリッド車として優れているという見方が多いため、トヨタから技術的な支援を受けているメーカーもあります。